【AUKEY CB-C71】8in1 USB TypeCマルチハブで作業環境を超改善!【機能拡張】



ノートPCやタブレットPCを使っていて、「USBポート足りないなぁ・・・」とか「映像出力端子欲しいなあ」とか思ったことありませんか?

USBTypeCのマルチハブ、マジでおススメです。

私は持ち運び用にSurfaceGoというタブレットPCを使っているのですが、タブレットPCですら容易にデュアルモニタ化できちゃうので重宝しています。

今回購入したAUKEYの<8-in-1 USB Type Cハブ(CB-C71)>がめちゃくちゃ使い勝手良かったので、紹介したいと思います。

この記事を読むと・・・
  • USBマルチハブがどういうモノなのかがわかる!
  • たくさん似た商品がある中からAUKEYのCB-C71を選んだ理由がわかる!
  • AUKEYのCB-C71を実際に使った感想や、メリット・デメリットがわかる!
  • サクラレビューに惑わされない商品の選び方がわかる!



USB Type-C マルチハブって何よ?

通常、USBハブと言えばタコ足コンセントのUSB版を思い浮かべますよね。

USBの差込口を増やしたい時に使うこいつ(↓)です。

対してUSB Type-Cマルチハブとは、USBポートの増設だけではなくHDMIポート・LANケーブル差込口・SDカードリーダーなど様々な機能を盛り込んだUSBハブとなるわけですね。

USB Type-Cの場合、挿し込み口に上下関係なく挿し込めるのでストレスもありません。

ドッキングステーションとも呼ばれてたりしますね。

数あるUSBマルチハブの中からなぜAUKEY CB-C71を選んだのか

なんか就職面接みたいな見出しですね。細かいことは置いとけ。

確かに色んなメーカーが同じような商品を出してはいるのですが、聞いたことのないメーカーが多い上に、異様に安いんですよね。

すぐに不具合出るんじゃないかと不安がよぎるわけです。

私は知名度・信頼性があるメーカーから選びたかったので、個人的に好きなANKERAUKEYSatechiに絞りました。

購入しようと思った当時にたまたまセールをやっていたのがAUKEYだったので、AUKEYのUSBハブを購入したわけです。(安直)

なので、ANKERやSatechiのUSBマルチハブでもいいかなとは思っています。

 
  • Satechi → デザインめっちゃ好き。でもそこそこ高い。
  • Anker  → 安牌。18か月保障があるのは強い。
  • AUKEY  → ANKERと似てるけどこっちの方が先。24か月保障がGOOD!

USBマルチハブをAmazonから探す

USBマルチハブを楽天から探す

AUKEY CB-C71の特徴やメリット・デメリット

モニターへの映像出力が可能

HDMIポートが付いていないPCでも、PCモニタやテレビへの映像出力が可能です。

特にタブレットPCやノートPCの場合は映像出力端子が少なかったり、そもそもHDMIポートが備わっていないこともありますので、デュアルモニタ化の敷居が下がる一品といった感じがあります。

ちなみに、HDMIに限らずVGAやDVIの出力端子が備わった商品もありますので、ご自身の環境に合わせた商品を選びましょう。

HDMI出力端子付きのUSBマルチハブをAmazonから探す

HDMI出力端子付きのUSBマルチハブを楽天から探す

USB PD(USB PowerDelivery)に対応している

ざっくり言うと、CB-C71を介して機器の充電が可能になります。

従来の繋ぎ方だとケーブルが多方面に散らかりがちですが、CB-C71に電源ケーブルやよく使う周辺機器を接続しておけば、CB-C71を一つ繋ぐだけすぐに使用可能になります。

特に複数台のノートPCやタブレットPCを使用する必要があるような場合、USBケーブル1本差し替えるだけで充電を含めた全ての機器を一括接続できてしまうのは楽チンすぎますね。

Surfaceの充電コネクタ

私が使用しているSurfaceの場合、充電コネクタが特殊な形状をしていますので、上記のように一括接続で充電まで行えてしまうのは非常に助かるところです。

USB PD対応のUSBマルチハブをAmazonから探す

USB PD対応のUSBマルチハブを楽天から探す

高速データ転送に対応(USB3.1Gen1・SDカードスロット)

最大5Gbpsのデータ転送速度が可能なUSB3.1ポートが3つと、SDカードスロットが使用可能となっています。

よく使う外付けHDDやSSD・USBストレージを接続しておくと、使用するPCを切り替えてもすぐにデータの読み書きが可能になります。

これまたUSBポートの少ないノートPCやタブレットPCの強い味方です。

USB3.1対応のUSBマルチハブをAmazonから探す

USB3.1対応のUSBマルチハブを楽天から探す

ネットワークを有線接続させることが可能

ノートPCやタブレットPCの場合、LANポート自体が備わっていないこともありますよね。

わざわざ有線で接続することは少なくなってきています。

しかし、無線の調子が悪くなりがちな場合はやはり有線での接続が良い!といった事もあるかもしれません。

これは私の経験談なのですが、なんと電子レンジを使用している時にいつも無線LANの接続が切れてしまうんです。

こうやって記事を書いている時や動画見てる時、はたまたゲームをしている時などなど。

電子レンジ使うたびにネットワーク接続が切断されてしまうのはたまったもんじゃないです。

私が使用しているタブレットPCのSurfaceGoはLANポートが付いていませんので、正直これはめちゃくちゃ重宝しています。

ケーブル周りがごちゃり気味になるけどネットワークは有線の方がいい、マジで。

有線LAN接続対応のUSBマルチハブをAmazonから探す

有線LAN接続対応のUSBマルチハブを楽天から探す

ケーブルが伸びているタイプは見た目が良いとは言えない

写真の通りです。お世辞にも見た目が良いとは言えない。

Surfaceの場合はこうね、ぷらーんってぶら下がる感じになるのがね・・・ちょっと・・・不格好というか・・・。

もちろん接続する場所にもよるので、ノートPCの場合なんかはこうはなりません。

ちなみに、ケーブルタイプではなく本体に直挿しするタイプのUSBマルチハブも出ているようなので、見た目が気になる方はそちらを検討してみてもいいのかもしれません。

↓ こんなやつ。見た目的にはこっちの方がスマートよね。

レビューもしっかり確認しておく

正直、良いレビューはあまり見なくてOK!

どちらかというと悪いレビューに着目していきましょう!

どういうことか説明します。

悪いレビューといっても様々で、「商品の質に対するレビュー」「販売店の対応に対するレビュー」「商品や販売店に全く関係のない的外れなレビュー」などなど・・・特に的外れなレビューは意外と多いです。

本来ならば「商品の質に対するレビュー」がその商品の評価に値するはずです。

ところが、販売店の対応であったり、自分の環境下で使えなかったからといって低評価を下しているレビューは「商品そのものの評価」ではありません。

なので、私はあくまで「商品そのものに対する、不満点を抑えたレビュー」を参考にするようにしています。

特に今回取り上げたUSBマルチハブは聞いたことのない中華メーカーがめちゃくちゃ多いので、高評価のサクラレビューが書かれていることも考慮して見ていきましょう。

(競合他社が意図的に悪評を付けている可能性もありますが・・・そうなると逆にレビューは見ない方がいいのかもしれません正解が分からない・・・

さて、それでは本題。

上記を踏まえて、今回私が購入したAUKEY CB-C71のレビューを確認してみましょう。

 
  • 2020/8/18時点でレビュー数は全26件
  • ☆4、☆5のレビューは全体の84%
  • ☆3以下のレビューは全体の16%

26件あるレビューのうち、製品に対する悪いレビューというのは「接続が不安定」「HDMI接続時に異音」の2つでした。

個人的にはこのくらいは許容範囲内かなと思ってます。24か月の保証もありますしね。

なので、この商品に関しては低評価のレビューを見てもそこまで気にはなりませんでした。

購入の際はこのように、不具合の多さの確認や保証の有無も踏まえて判断したいところ。

ただ、あまりにも不具合が発生するようなレビューが多い場合は少し考えモノですが・・・。

あくまで参考までに。

まとめ

要はお手軽かつ安価で拡張性が大幅に向上するってことらしい。

ノートPCやタブレットPCの拡張性アップに欠かせない存在と言っても過言ではないし、5000~6000円台でここまでできちゃうってのは本当に便利になったもんです。

USBマルチハブのメリット
  • 既存の環境を改善しやすい
  • 周辺機器やストレージをPC間で切り替えやすい
  • 外部モニタへの出力も可能
  • ノートPCやタブレットPCを容易に拡張できる
  • 機能を絞ればその分安く手に入る
USBマルチハブのデメリット
  • ケーブルタイプは見た目が不格好になりがち
  • 聞いたことのない中華メーカーが多いのでサクラレビューに気を付けたい

こんなところでしょうか。

なんやかんや言いましたが私はめっちゃ満足してます。ただただ便利、コレ。

みんな買おうぜ。

タイトルとURLをコピーしました