デスクトップやノートPC不要?SurfaceGoは液タブの代わりとして優秀だった!



「液タブでお絵かきしたいけどPC持ってない・・・」

そんな時はタブレット型のWindowsPCを購入すれば解決するよ!
というお話です。

通常、液タブを使用するには「PCに液タブを接続する」必要があります。
PCと液タブの両方を揃えるとなると費用や設置スペースが必要となります。

  • 液タブでお絵かきしたいけどPCを持っていない
  • PCは不要だけど液タブでお絵かきしたい
  • デスク回りをごちゃごちゃさせたくない!
  • いろんな場所でお絵かきしたい!

このような悩みを解決しよう!というのが今回の内容です。

 



PCが不要な液タブは無い

液タブはあくまで「モニター」です

モニターにタッチペンを当ててカーソル移動やクリックなどを可能にさせる、それが液タブの基本的な仕組みです。
液タブ単体だけ用意しても何もできず、接続する為のPCが必要となります。

PCと液タブを準備すると様々な制約がある

前述のように、液タブはPCに接続して使用する事が前提になっています。
つまり以下のような準備が必要となります。

  • PCを設置するスペース
  • 液タブを設置するスペース
  • 配線をまとめる

 

するとどうでしょう。

  • 配線が煩わしくなる
  • それなりの設置スペースが必要
  • 1か所でしか作業できない

このように様々なデメリットが発生します。

タブレットPCなら様々なメリットを享受できる。一方でデメリットも?

  • 配線は充電ケーブル1本だけでOK
  • 設置スペースが必要ない
  • 様々な場所に持ち運び可能

タブレットPCを利用すると、このようにメリットがたくさんあります。

が、その一方で、「液タブと比較すると画面が小さい」というデメリットが付きまといます。

持ち運びのしやすさがウリのタブレットPCは、どうしても大きさが制限されてしまします。
(10~13インチ程度が多い印象です。)

対して液タブの場合は24インチや27インチと大画面のモニタを最大限に活用することができます。

まずはこれらを考慮した上で【タブレット】を選ぶか【PC+液タブ】を選ぶか、じっくり考えましょう。

タブレットPCの【SurfaceGo/SurfacePro】は液タブの代わりとして使える!

Windowsのソフト(クリスタ:CLIPSTUDIOPAINT)が使用可能

【SurfaceGo/SurfacePro】はiPadやAndroidと違い、タブレット型でありながらWindows10のPCとなります。
つまり、「タブレット端末だけどクリスタが使える!」ということです!

※iPadでもクリスタを使うことは可能なのですが、月額料金が480円かかります。

 

Windows版は月額制ではなく5000円でソフトを購入することになるので、余分なランニングコストがかかりません。
これが【SurfaceGo】や【SurfacePro】を選ぶ大きなポイントとなります。

【クリスタを1年間使用した場合】

iPad・・・480円×12ヵ月=5760円

SurfaceGo/SurfacePro・・・5000円(月額課金なし)

Windows版のクリスタは買い切りとなるので、iPadの月額課金1年分以下に相当します。
ランニングコストを考えると圧倒的に【Surface】が有利となります。

お絵かきは5年10年と長く続ける可能性のある趣味です。

今後数年分月額料金を払い続けるということも考慮して【Surface】を選ぶか【iPad】を選ぶか、じっくり考えたいポイントです。

【Surface】でお絵かきする場合は専用のペンを購入する必要がある

【SurfaceGo/SurfacePro】は、タッチペンを別途購入する必要があります。
価格は約9000円程です。

マイクロソフトの純正品以外の場合はもう少し安くで購入できますが、筆圧検知やSurfaceとの相性を考えて作られている純正ペンを購入するのがベターな選択と言えます。

くれぐれも安物買いの銭失いをしないよう注意しましょう。


タブレットでは2本指・3本指でのジェスチャー操作がめちゃくちゃ便利!

【SurfaceGo/SurfacePro】の場合、スマホやiPhoneのように指を使っての「拡大縮小・回転」や「取り消し・やり直し」操作が可能です。
この操作は液タブではできず、まさに【Surface】や【iPad】ならではのメリットと言えます。

私が所持している【SurfaceGo】の場合、2本指操作で回転や拡大縮小を行った時に多少の引っ掛かりを感じることはあります。
とはいえ、お絵かき自体への影響は全くないので私はあまり気にしていません。

「タッチジェスチャー操作をしてから2~3秒後に反応する」という話であれば問題外ですが、そんなことは全く無いので許容範囲内ですね。

ちなみに【iPad】の場合は2本指での回転・拡大縮小操作がとても滑らかに動いてくれます。(レイヤーを重ねまくるとどうなるかわかりませんが・・・)

この問題を許容できるかが大きなポイントで、【Surface】【iPad】のどちらを選ぶかのポイントにもなり得ます。

SurfaceGoでのクリスタ使用は全く問題なし!

私の場合、普段は【メインPC+液タブ】でお絵かきをしています。

PCが使えないような状況では【SurfaceGo】でお絵かきしていますが、動作自体には全く問題ありません。

とはいえ、画面が小さいので各種ツールを表示させているとキャンバスの領域が小さくなって描きづらさは感じます
クリスタのワークスペースをカスタマイズする事や、左手デバイスを活用することで回避すると良いでしょう。

イラスト用途以外にも普通のPCとして使える

最初に紹介したように、見た目はタブレット言えど中身はWindows10が搭載されたPCです。
WordやExcel、Webブラウジングなど普通のPCと同じように使うことができます。

ゲームで遊ぶこともできますが、3Dのゲームは厳しいです。
ノベルゲームやブラウザゲーム程度であれば全く問題ありません。

【SurfaceGo/SurfacePro】を液タブ代わりにする事の問題点

手の側面が誤タッチされて思わぬ操作が実行される

ペンを走らせると、どうしても手の側面が画面にくっついてしまいがちです。
タッチされた場所に移動されたりクリックされたりと、思わぬ誤操作が発生してしまいます。

しかしこの問題は専用のグローブを付けることで解決します
誤操作は無くなりますが、夏場ちょっと暑いのが難点ですね・・・。

最低でもメモリ8GBのモデルを選択する必要あり

【SurfaceGo/SurfacePro】の購入を検討する際、必ずメモリ8GB以上のモデルを選びましょう

メモリについての詳しい解説はコチラ👇

 

メモリが4GBのモデルでもクリスタを動かすことは可能ですが、スペック不足感が否めません。
快適にお絵かきをしたいのであれば、最低でもメモリ8GBのモデルを購入することをオススメします。

また、予算に少し余裕があるようでしたら【SurfaceGo】よりも【SurfacePro】の購入を視野に入れましょう。

【SurfacePro】の方が画面が大きく、CPUの性能も格段に上となっています。

値段は【SurfaceGo】よりも数万円上がりますので、お財布と要相談ですね。

私が【iPad】よりも【Surface】を選んだ理由

  • イラスト以外の用途(ブログ編集やPCゲームができる)で使える
  • 使う場所を選ばない(これはiPadでも変わらない)
  • 既に買い切り版のクリスタを所持していた
  • 使い慣れたWindowsPCを使いたかったから
  • officeソフトが付属しており、ExcelVBAの勉強もできるから

このような理由で【iPad】よりも【SurfaceGo】を選びました。

スマホゲームをプレイ場合やkindleアプリを利用したいなど、スマホ寄りの利用目的がある場合は【iPad】を検討したほうが良いかもしれません。

特に、Windows版のKindleアプリはスワイプでページ移動ができなくて操作性が悪いので・・・。(これはAmazonさんの改善待ちな気もしますが)

【SurfaceGo/SurfacePro】の利用に役立つ周辺機器

USB-Cハブ

【SurfaceGo】や【SurfacePro】にはUSBポートが少なく、拡張性が全くありません。
(【SurfaceGo】に至ってはUSBTypeCが1つしかありません)

この問題を解決してくれるUSB-Cハブ。

映像出力端子(HDMI)やLANケーブル接続、USB接続口の拡張、更には充電までできるようになるスグレモノです。

映像出力端子付きのUSB-Cハブを利用することで、別途液タブを購入してSurfaceGoに接続することもできます。

そうすると、家では液タブ・外ではSurface本体でお絵かきすることも可能になるわけです。

≫ USBTypeCハブを探す【Amazon】

≫ USBTypeCハブを探す【楽天】

タイプカバー・Bluetooth対応キーボード

やはりキーボードが無いと文字入力で不便です。

純正タイプカバーもしくはBluetooth対応キーボードは1つ持っておくと良いでしょう。

≫ Surface用タイプカバーを探す【Amazon】

≫ Surface用タイプカバーを探す【楽天】

≫ Bluetooth対応キーボードを探す【Amazon】

≫ Bluetooth対応キーボードを探す【楽天】

 

液晶保護フィルム

液晶画面を保護するためのフィルムは必須です。

お絵かきメインで【SurfaceGo】や【SurfacePro】を購入するのであれば、描き心地が良くなるフィルムを購入しておくと良いですね。

≫ ペーパーライク保護フィルムを探す【Amazon】

≫ ペーパーライク保護フィルムを探す【楽天】

まとめ:イラスト用途での【SurfaceGo】は問題なく使えるが・・・

以上、PC不要でも液タブでお絵かきできる方法を解説してきました。
厳密にはSurface自体がPCなわけですが。

実際にあいかわは【SurfaceGo】でクリスタを使っていますが、問題なく使えています。
ただし、画面の大きさが10インチほどなのが物足りないところです。
(普段使っている液タブが22インチだからそう感じるだけかもしれませんが)

 

Surfaceを選ぶことによるメリットやデメリット

  • 【SurfaceGo】や【SurfacePro】を購入することで、液タブの代わりを果たしてくれる
  • デスクトップPCやノートPCの場合は配線や設置場所に悩まされる
  • Surfaceの場合は画面が小さいと感じてしまいがち
  • タッチジェスチャーでの操作が便利!
  • 通常のPCと同じ感覚で使える!
  • 誤タッチによる誤操作には対策が必要
  • Surfaceは最低でもメモリ8GBのモデルを選ぶ必要あり

 

イラスト用途で【SurfaceGo】【SurfacePro】を購入すべき人

  • PCを持っていないけど液タブのようにお絵かきがしたい
  • PCと液タブを設置するスペースが確保できない
  • PCと液タブを設置することによって配線をごちゃつかせたくない
  • Windows10のPCを購入しようか迷っている
  • 既にクリスタのソフトを所持している
  • 持ち歩いていろんな場所で作業したい

 

このような方は【SurfaceGo】や【SurfacePro】の購入を検討してみることをオススメします。

私は以前所有していたノートPCを手放してお絵かき用に【SurfaceGo】を購入しましたが、結果として大正解でした。

やはりどこにでも移動させやすい取り回しの良さは魅力的ですね。

以上、それではまた次の記事でお会いしましょう!

タイトルとURLをコピーしました