【CLIPSTUDIOPAINT】スマホを使った左手デバイスについて考える話



どうでもいいんですが、左利きの人は右手デバイスって呼ぶのかな?

よく左手デバイスって呼ばれるから私もそう呼んでるけど、実際のところなんて呼べばいいんだろうか。

さて、デジタルイラストでよく使われている左手デバイスといえばCLIPSTUDIO TABMATEが有名ですよね。

私も気になってます。むしろ欲しいです。

今回はなるべくお金をかけずに左手デバイスを作ってしまおう!という内容で、準備するものは使わなくなったスマートフォンだけでOKです。

別に今使っているスマートフォンでもいいのですが、連絡や通知が来た時などの事を考えると使い勝手は悪いのかな~、と。



左手デバイスとは?

左利きの人は脳内で「右手デバイス」に置き換えて読み進めてみてください。

イラスト描いてる時って左手(利き手じゃない方)が手持ち無沙汰になりませんか?

そんな左手にコントローラーのようなデバイスを持ち、ボタンに各種ショートカットを割り当てることで作業効率化を図る為のツールです。

 

上図はCLIPSTUDIO TABMATEの設定画面ですが、以下のような操作が空いている左手で可能になるという代物です。

  • キャンパスの拡大縮小、回転、上下左右反転
  • 使用ツールの切り替え
  • ペンのサイズ変更
  • 取り消し、やり直し   etc……

わざわざ画面上でコマンドを選んだり、キーボードのショートカットキーを覚えて操作する必要がなくなるわけですね。

ただ正直な話をすると、左手デバイスを使わずともクリスタのコマンドバーやクイックアクセスで操作を完結させた方が手っ取り早いということもあります。

その場合は左手デバイス自体が不要かもしれませんので、購入前に本当に必要かを精査する必要がありますね。

スマホの左手デバイス化にあたり、あれば便利なもの

スマホリング

100均に売っているようなスマホリングで全然大丈夫です。

スマホを左手デバイスとして活用する場合、落としたり持ち位置がずれて誤タッチしてしまうことがありますので、スマホリングを装着しておくといいかもしれないということです。

机上に固定

左手にずっとスマホを持っているのはしんどいという場合、滑り止めなどで机上にスマホを固定してしまいましょう。

左手でテンキーのような感覚でスマホを操作するようにすると良いかもしれません。

ディスプレイ横に固定

机上に固定するのとそこまで変わりませんが、このようにディスプレイ横に固定してしまうのもアリですね。

【活用パターン1】アイテルテ(itelte)を使う

スマホを左手デバイスとして使用するために作られたアプリケーションで、スマホとPCにアイテルテをインストールすることで使用可能となります。

詳しい使用方法はアイテルテの公式サイトにとても分かりやすく解説されていますので、興味がある方はぜひ一読してみてください。

ざっくりですが、このような操作が可能となります。

 
  • 4分割されたスマホの画面をそれぞれタップ・ダブルタップ、長押しすることで割り当てた機能が使える
  • スワイプする方向に応じて割り当てた機能が使える
  • 2本指でのピンチイン・ピンチアウト・回転操作でキャンパスの拡大縮小や回転が可能
  • トラックパッドとして使用できて、マウス操作も可能

まさに絵描きの為に作られたアプリ!って感じがしますが、ショートカットの登録次第ではそれ以外の用途でも活用できますよね。

操作時の注意としては、アプリ最下部に広告が表示されますので誤タップしてしまわないようにしましょう。

【活用パターン2】spacedeskを使用する

以前スマホをサブディスプレイ化するという記事を書いたのですが、この応用です。

クリスタのクイックアクセスウインドウをサブディスプレイ化したスマホに表示させるという方法で、このような感じになります。

クイックアクセスをよく使う方であれば、spacedeskの導入だけで使用可能なので割とお手軽ですね。

ただし基本的に拡張モニター扱いとなるので、アイテルテほどの使い勝手は期待できません。

拡大縮小・回転などはすべてクイックアクセスに登録してタップすることになります。

まとめ

アイテルテ(itelte)のメリット
  • 操作方法が多彩で、登録できるショートカットは20以上
  • スマホ特有の操作が可能(ピンチイン スワイプ 回転など
アイテルテ(itelte)のデメリット
  • spacedeskとは異なりモニターとしては使えない
  • 正直あまりデメリットといったデメリットが見当たらない
spacedeskのメリット
  • 拡張モニターとして使用でき、資料表示等も容易
  • 視覚的に機能を選択できる(クイックアクセスの項目を直接タップする)
  • 元々クイックアクセスを使っていればショートカットキー登録の設定は不要
spacedeskのデメリット
  • スマホ特有の操作は不可(ピンチイン・ピンチアウト、スワイプ、回転など)

ただし、コマンドバーやクイックアクセスで完結できるのであれば、わざわざ左手デバイスを検討する必要もないのかなといったところです。

ハチャメチャにショートカットキーを活用していたり、コマンドバーやクイックアクセスで補えない様な方にこそ必要なのかなと感じたりします。

おしまい!

タイトルとURLをコピーしました