弐寺の立ち環境構築にオススメ!ニトリのテレビスタンドとREGZA 43Z730Xでおうちライトニングを作ろう!【BMS/INFINITAS】



自宅の弐寺プレイ環境って三者三様で面白いですよね。

最近は他人のプレイ環境やデスク周り見るのが楽しいあいかわです、こんにちは。

 

引っ越して自宅の弐寺プレイ環境を一新したので、購入したモノや立ちプレイ環境に役立つアイテムを紹介したいと思います。

 

ちなみにあいかわの場合は「INFINITASやBMSをACと同じ感覚でプレイできる」「お絵描きやブログの作業もしやすい」「漫画や書籍を読みやすく、勉強しやすい」の3点を重点的に意識してデスク環境を構築しています。

 

それではどうぞ!

 



実際にセッティングした後の完成図

完成図はだいたいこんな感じ。

詳しく解説していきます。

 

<今回使用したアイテム>

  • ニトリ N-CLICK(カラーボックス・コントローラーを設置する為に使用)
  • ニトリ テレビスタンドハイタイプ(ACに近い目線にする為に使用)
  • 東芝 REGZA 43Z730X(ライトニングモデルに最も近い43インチテレビ)

 

購入したアイテムの詳細

コントローラーの設置はニトリの「N-CLICK」

コントローラーの設置には高さを調整しやすいメタルラックを採用されている方が多いのではないでしょうか。

メタルラックでは皿を回した際に揺れ動いて不安定なことと、収納やインテリアの兼ね合いで今回は見送りました。(本を収納するスペースも欲しかったので)

 

そこで選んだのがニトリのN-CLICKというわけですが、サイズの選択肢が多くてどれを選択すればいいのか迷いがちです。

今回はDAOコンFPSの乗せられるサイズとAC環境に近い高さが必要なので、「幅61.6×奥行29.8×高さ83.7cm」の2段タイプを選択しました。

 

 

 

購入したN-CLICKにDAOコンを乗せると、鍵盤までの高さは93.5cmとなりました。

実際のライトニングモデルでは鍵盤までの高さが90cmだそうで、多少の誤差はありますが許容範囲内としています。厚めのスリッパでも履いて誤魔化しましょう。

 

ライトニングモデルの各種寸法はマメシバ氏という方のブログを参考にさせていただきました。

詳しくまとめていただいて本当に参考になります。

 

 

テレビの設置にはニトリの「壁寄せテレビスタンドハイタイプ」

 

出典:ニトリネット

 

正直、家具としてはめちゃくちゃデカいし、配送されてきた時もめちゃくちゃ重いです。

でも、それだけの価値はあった・・・!

 

 

このテレビスタンドの高さは11段階で調整可能ですが、一番高い位置で調整して丁度良い感じです。

 

さて、一番高い位置でテレビを設置した時、判定位置の高さは133.5cmでした。

マメシバ氏のブログによると、ステップ台から判定ラインの高さは133.5cmだそうです。

 

ドンピシャやんけ!!!!!!!!

ニトリのテレビスタンド、マジでおススメです。

 

とはいえ、判定ラインの高さはLIFTオプションで調整できるのでそこまでシビアにならなくてもいい気はします。

 

余談ですが、「テレビスタンドを設置するようなスペースが無い!」という方はテレビを壁掛けしてしまうことをオススメします。

最近では壁に穴を開けずに(正確にはめっちゃ小さい穴ですが)壁掛けできる「壁美人」という商品もありますので、活用しない手はないかと。

 

モニター(テレビ)は東芝の「REGZA 43Z730X」

元々使用していたテレビが壊れかけていたので、いい機会だと思い新調しました。

 

ライトニングモデルで採用されているモニターは43インチかつ120fpsに対応しており、この条件を満たせるテレビが東芝の「REGZA 43Z730X」でした。

こちらは駄文氏のツイート及びブログを参考にさせていただきました。

 

 

しかしこのテレビ、2019年の6月に登場したモデルなのである程度は値下がりしていますが、それでも10万円近い価格。おいそれと手を出せるような価格ではありません。


東芝 43V型 液晶テレビ レグザ 43Z730X 4Kチューナー内蔵 外付けHDD タイムシフトマシン対応 (2019年モデル)

 

 

そこでお得に購入するために、楽天市場に出品されているリファービッシュ品を狙いました

※リファービッシュ品とは
メーカー再調整品。開梱もしくは短期間使用されたものをメーカー工場で外観検査、性能検査などを実施し合格した製品。 多少の汚れや傷が残っていることはありますが、 機能・性能ともに通常の製品と同等で、 問題ないことが確認されています。(ソフマップ楽天市場店より)

リファービッシュ品は中古品扱いではあるものの、ほぼ新品に近いというアウトレット的な商品となります。

市場価格より10~20%程お得に購入する事が可能で、「新品・中古品にはこだわらない!」といった方に最適。

楽天のポイント還元が高いタイミングを狙えば実質7万円前後で購入する事も可能なので、ゲームがどうとか関係なしに普通にオススメです。

 

≫ リファービッシュ品のREGZAを楽天で見てみる

 

出典:楽天

 

さて、実際にREGZA 43Z730XをPCと接続してみるとリフレッシュレートが60Hzまでしか表示されないトラブルが発生。

 


 

<原因>

 

フルHD(1920×1080)で120Hzを出力する場合に必要なHDMIケーブルの帯域幅は6.59Gbpsとなるため、使用しているHDMIケーブルの帯域幅はそれ以上でなければならないようです。

となると、HDMI1.4以上のケーブルを使用する必要があるのでこちらのケーブルを購入。

 

厳密にHDMIの規格は品名に記載されていませんが、「4K60pに対応しているのであれば必要な帯域幅は12.54Gbpsなので、フルHD120Hzにも対応できるよね」という判断です。

 

HDMIケーブルの伝送速度についてはこちらの記事を参考にさせていただきました。


 

ということで、無事問題解決。

INFINITAS側も120fps出力するように設定します。

新しい環境でのプレイは問題なし!むしろめっちゃ遊びやすくなった!

 

元々へっぽこスコアなのでこれが120fpsの恩恵を受けられているのかはわからない・・・。

ただ、☆12をプレイしていると自己ベストに近いスコアがポンポン出てくるのでしっかり効果は出ているのかもしれない。

 

ニトリのテレビスタンドを利用したのは結果として大正解で、視線はかなりACに近いです。

LIFTオプションで調整しようと思っていた判定ラインの高さが実寸とほぼ同じなのは嬉しい誤算でした。

動画観賞や普通にゲームをプレイする時もかなり快適です。

 

・・・配線どうにかしたい・・・ね。

 

 

ちなみにテレビスタンドは色んなメーカーから販売されていますが、高さ調節の段階が少なかったりするので結果として11段階調整できるニトリから選んで良かったなと。

 

そしてREGZA 43Z730X、タイムシフトマシンが搭載されている機種が実質7万円で購入できたのはかなり得した気分です。

通常のディスプレイとして使うにしても4K対応なのでかなり使い勝手が良く、ゲームモードのレスポンスも速いので音ゲーだけでなく格ゲーでも活躍してくれること間違いなし。

 

自宅の弐寺環境構築を考えているのなら、ニトリのテレビスタンドとREGZA 43Z730Xがマジでオススメできるので、この記事が役に立てば幸いです。

 

それではまた次の記事でお会いしましょう!

タイトルとURLをコピーしました