【ルンバ600シリーズ】ロボット掃除機のススメ【EufyRobovac11s】



ロボット掃除機はいいぞ(挨拶

ロボット掃除機と言えば、まずルンバが思い浮かぶことが多い思います。かくいう私もそうでした。

ロボット掃除機というと、このようなイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。

 
  • 値段高くね?
  • ちゃんと掃除してくれんの?
  • そもそも自分で掃除したほうが早くね?

そう思うのはもっともだと思いますし、実は私も最初は同じイメージを持っていました。

今回はロボット掃除機を導入するメリット・デメリット、そして私が購入した【Eufy RoboVac11S】の特徴を紹介したいと思います。



ロボット掃除機高くね?

例えばアイロボットのルンバ、エントリーモデルと呼ばれる600シリーズでも一番安くて3万円前後はします。

どうしても価格がネックになってしまいがちですよね。

ところがどっこい、ルンバという機種から一歩引いてみれば実は色んなメーカーがロボット掃除機を販売しています。

その中でも着目したいのが、【Eufy RoboVac11S】です。

なんとこの【Eufy RoboVac11S】、18000円で買えちゃいます。

もっと言えばAmazonのセールで12000円くらいで買えちゃいますし、3000円OFFクーポンが適用できることも結構あります。

そしてなんと言ってもルンバの半額以下です。

そんな安くてちゃんと仕事してくれるの?という疑問

って思っちゃいますよね?

隙間なく部屋全面を掃除する事は難しい

正直なところ部屋全面は難しく、10畳の部屋を例に挙げると8~9割できれば良いかといったところです。

本体が入らないような隙間は当たり前ですが掃除しきれません。

そういうところは自分で掃除せざるを得ませんが、それは仮に最上級モデルのルンバを使っても同じ話です。

【Eufy RoboVac11S】の場合はマッピング機能などは無く、基本的にランダム走行となりますので、どうしても部屋全面を綺麗に掃除する事は難しいです。

しかし、毎日稼働させていれば大体の範囲は清掃されます。

地べたに置いている物を巻き込みやすい

床に服やコード類等の物が置いてあると巻き込んでしまって動作を停止することがありますので、注意ポイントですね。

ロボット掃除機の購入を検討されている方は、床に物を置かないよう習慣付けるといいかもしれません。部屋がすっきりして気持ちいいです。

私はどちらかというと物をその辺に散乱させてしまうタイプなので、100円ショップ等に売っているカゴを設置しておいて、とりあえず何か置きたくなったらそのカゴに物を入れるようにしています。

このようにすることでロボット掃除機が物を巻き込んでしまうこともありません。気が向いたときに片付けましょう。

【Eufy Robovac11s】の特徴、メリットやデメリット

そもそも自分で掃除したほうが早いし綺麗にならない?という疑問もあると思います。

正直に言うと、そこを最も重視する人は恐らくロボット掃除機は必要ないと思うので購入を検討する必要はないと思います。

 

じゃあなんでわざわざロボット掃除機を使うの?

タイマー機能を活用する

外出している時に活躍するこのタイマー機能。

時間さえ設定しておけば勝手に掃除を始めてくれるので、「自分で掃除をする」という手間自体が省ける。

私の場合は仕事から帰ってくる2時間前くらいに掃除を開始させています。そうすると帰宅する頃には床にゴミやホコリが無い状態となります。

あいつらちょっと掃除しないだけですぐ溜まっていくから足の裏にくっついて汚いのなんの。

がら作業が可能になる

自宅で趣味や仕事に没頭しがちな方にこそおすすめしたい、まじで。

作業中に動かしておけば勝手に掃除が完了してる。そんな感じです。

わざわざ掃除の為に時間を割くことが無くなり、自分の為の時間を割り当てることができるので「時間を金で買う」という考え方に近い気がしますね。

コスト面で考えた時【Eufy RoboVac11S】を18000円だとすると、1日あたり約50円。

仮に掃除機をかける時間が1日約15分だとすると、50円で15分を買っていると考えてみましょう。安くないですか?

その時間で自己投資なり趣味の時間を増やすなりできますよね。

1日約15分ぽっちじゃんって言われる方も居るかもしれませんが、1年にすると約91時間。いやいや大きすぎるでしょ。買わない理由がないわ。

音は結構静か

これはちょっとイメージしづらいかもしれません。

【Eufy RoboVac11S】のとあるレビュー投稿で「ロボット掃除機は音がうるさい」という書き込みを見かけたことがあったので、いい機会だし触れておきます。

ルンバ600シリーズとILIFEの【V5sPro】の吸引音を知っている私からするとめちゃくちゃ静かです。

よく考えてみてください、普通の掃除機って吸引音うるさくないですか?

ロボット掃除機の吸引音も一緒なんですよ。むしろあれらに比べたら【Eufy RoboVac11S】の吸引音なんてめちゃくちゃ静かです。

普通の掃除機は必要

これだけロボット掃除機を推しておいてアレですけど、普通の掃除機はなんやかんや必要だと思います。

ロボット掃除機の手が届かない場所や、スポット的に掃除機が必要な時の事を考えるとあった方がいいです。(米とか粉ものをぶちまけちゃった時とかね!)

私はマキタのコードレス掃除機を愛用してまして、軽くて取り回しが良いので愛用しています。

水拭き機能が付いている機種は正直いらない

これは環境によって分かれるのですが、少なくとも私は不要と考えています。デメリットが多すぎます。

水拭き一体型の購入をおススメしない理由
  • 水拭き機能を使用する為に、都度水の補給が必要
  • 水拭きした後のモップを洗う必要があり、時短した意味が皆無
  • 絨毯が設置されている場合使い物にならない
  • 水拭き機能が付いていることで値段が跳ね上がる

こんなところです。

個人的な意見としては、水拭きも自動化したいのであればブラーバのような水拭き特化のロボット掃除機を別途購入すべきです。

ブラーバを使用した感想についても記事を書いていますので、興味があれば読んでみてください。

ゴミの回収がめんどい

いや、これはさすがに自分がズボラなだけな気がします。

結構すぐゴミトレイがいっぱいになるんですよ。その度に外してゴミを捨てる。少し手間なんですよね。

じゃあルンバの最上位機種(s9+やi7+)を買えよって話なんですよね。高級すぎて無理だ。

「地べたには何も置かない」が鉄則

先程少し触れた通り、床に物を置いているとそれを巻き込んでRobovac11sが動作を停止してしまいます。

特にコード類は巻き込むと取り除くのがすごく面倒ですし、機器類にも影響を及ぼしかねません。

稼働させる前に配線類には十分注意しておきましょう。

乗り越えられる段差は約1cm

最近の家は段差が少ないように作られていることが多いのでであまり心配は要らないと思うのですが、私の自宅は築30年超えの賃貸なので段差だらけです。

それでもロボット掃除機にある程度掃除を任せたかったので、段差の前後にスポンジのモールを設置してみました。

これでなんとか2cmほどの段差でも乗り越えられるようになったので、段差を乗り越えられないという似たような環境の方はご参考まで。

本体の全高が低い

故に家具の下も余裕で入り込んでくれる。良いね!

ランダム走行で規則性はない

上位モデルには部屋の構造をマッピングして効率よく清掃する機能があるようなのですが、如何せん【Eufy RoboVac11S】は最低限の機能しかないので完璧な掃除は不可能です。

ただし100分フル稼働した場合、前述したように10畳くらいの部屋であれば大体の範囲はカバーできます。

毎日動かしておけばそんなにゴミが溜まることもないので、これに関してはあまり気にしていません。

もっと広い範囲で動かす場合は要注意です。


Anker Eufy RoboVac 11S (ロボット掃除機)【BoostIQ搭載 / 超薄型 / 1300Paの強力吸引 / 静音設計 / 自動充電 / 落下防止 / 衝突防止】(ホワイト)

ルンバ600シリーズとEufyRoboVac11S、どっちを買うべき?

 

ロボット掃除機って言ったらやっぱりルンバだし、安物買いの銭失いするのも嫌だなぁ

そのように考えてしまうのはもっともだと思います。

なので、両者の比較表を作ってみました。その上でどちらを購入するか検討してみるのが良いかと思われます。

ちなみに私はルンバは購入したことありませんので、公式の情報と知人の家で見た情報をベースにまとめています。予めご了承ください。

  Eufy RovoVac11S ルンバ600シリーズ
Wi-Fiでの操作 ×
スマートスピーカー対応 ×
清掃ルート ランダム ランダム
家具の下の清掃 7.3cm以上ならOK 10cm以上ならOK
段差の乗り越え 1cm程度 2cm程度?
時間スケジュール
曜日スケジュール ×
吸引音 約63db
(電子レンジと同じくらい)
不明(65~70db?)
自動充電
保障期間 18か月+6か月 ※ 12か月
連続稼働時間 最大100分 最大90分

※ Anker公式オンラインストア会員の場合は+6か月

このように比較してみると、どちらにも得手不得手があるといった印象でなかなか面白いですね。

私の目線ですと、保証期間の長さ・吸引音の静かさ・本体の低さの3点で【Eufy RoboVac11S】を推したいところです。

知人の家でルンバが稼働しているところを見せてもらったのですが、吸引音が思いのほか大きくて、人がいる時間帯に動かしたりアパートで使用するのは少し厳しい面が見られました。

まとめ

ロボット掃除機自体は非常に便利なのですが、環境や考え方によって必要な人とそうでない人がはっきり分かれる商品だと思います。

ロボット掃除機を購入してメリットのある人
  • 自分の時間を少しでも増やしたい
  • 日々の掃除がめんどくさい
  • 掃除にかける時間がもったいない
  • ながら作業を頻繁にする人
ロボット掃除機を購入する必要のない人
  • 自分の手が第一な人
  • 地べたに物が散乱しがちでこまめに片付けられない人(これは対策次第)
  • 稼働音が耳障り・ストレスになってしまう人
  • 防音性の低い集合住宅に住んでいてトラブルを避けたい人

少しでも気になっている方は家電レンタルを利用してみるのも一つの手かもしれません。

ちなみに部屋に絨毯が無くてフローリングだけって方には床拭きロボットのブラーバという商品もあります。

こちらも良かったので是非参考にしてみてください。

 

それでは!

 

タイトルとURLをコピーしました