ロボット掃除機で時間節約!Ankerの「Eufy Robovac11S」が安価な上に入門機としてオススメな話

5.0



毎日掃除機をかけるの、正直面倒臭くないですか?

 

たった数日掃除をしないだけで床にホコリやチリが落ちて、足の裏にくっつくことが結構あっります。

思わず「うへぇ~~~キタネェ~~~~~!!!!」なんてことになっちゃいますよね。

 

かといって毎日掃除機がけするのは面倒なものです。

1日15分ほど掃除に時間を割くと考えても、1週間で2時間近くも掃除機がけの為に時間が奪われるわけです。

 

何より仕事から帰ってきて疲れてる状態で掃除したくないって!(本音)

  • 値段高くね?
  • ちゃんと掃除してくれんの?
  • そもそも自分で掃除したほうが早くね?

実は私も最初は全くことを思っていたのですが、Ankerが発売している【Eufy RoboVac11S】のおかげでそのイメージは全部覆されました。

 

安さの割にかなりイイ仕事をしてくれているので、【Eufy RoboVac11S】がロボット掃除機の入門機として最適だと感じた理由を解説したいと思います。

 



ロボット掃除機は本当に高価なのか?

出典:Amazon

 

例えばロボット掃除機の代名詞アイロボットのルンバ、エントリーモデルと呼ばれる600シリーズでも一番安くて3万円前後はします。

が、どうしても価格がネックになってしまいがちで、「ロボット掃除機は気になるけど3万円出して失敗はしたくないな~」なんて思ってしまいます。

 

しかし、何もルンバを買わないといけないなんてことはありません。

ロボット掃除機自体は様々なメーカーから販売されています。

 

その中でも注目したいのが、モバイルバッテリーやスマホ周辺機器でお馴染みのAnkerが販売している【Eufy Robovac】シリーズです。

 

最低限の機能のみを備えた【Eufy RoboVac11S】はなんと18000円。

更に言えば、Amazonのセールやクーポン配布時であれば12000円~14000円程度で購入する事ができます。

ルンバの半額近くで購入する事が可能なので、狙わない手はないですね!

出典:Amazon

 

 

Eufy Robovacの使い勝手は?良いとこ悪いとこ全部教えます!

隙間なく部屋全体を掃除する事は難しい

14畳の部屋を例に挙げると、「100分フル稼働して9割方掃除できれば良い方」といった感じです。

 

そもそもロボット掃除機本体が入れないような隙間などは自分で掃除せざるを得ませんが、それは最上級モデルのルンバを使っても同じ話です。

マッピング機能を備えていない【Eufy RoboVac11S】は基本的にランダムで走行しますので、隙間なく部屋中を掃除するのは難しいでしょう。

 

でもよく考えて欲しい。

基本的には自分が動き回る範囲でホコリやチリが掃除できていれば問題ないんですよ。

毎日稼働させていれば大体の範囲は清掃されますし、足裏に付着しがちなホコリやゴミは取り除かれています。

 

そしてロボット掃除機が掃除しきれない箇所などはスポットで自分でやればいいだけの話です。

これも最上級のルンバを使ったとて、同じ話です。

 

1週間に1回や、気になった時にサッと取り出せるコードレススティッククリーナ―や、ハンディクリーナを備えておけばそれだけで家中の掃除は事足ります。

私は一応、普通の掃除機としてマキタのコードレススティッククリーナーを備えています。

軽くて手軽に掃除しやすいのでかれこれ10年以上、手放せない相棒になっていますね。

 

床に置いている物を巻き込みやすく、床に物を放置しない環境づくりが必須

ロボット掃除機の購入を検討していて、床に服やコードなど置きっぱなし癖のある人は要注意!

特にコード類が床に散らかっていると巻き込んでしまい、接続機器の動作が停止することもあります!

 

ロボット掃除機を購入する前に、まず床に物を放置しない環境を作るようにしましよう。

なにより放置癖を直すと部屋がすっきりして気持ちいいです。

 

ちなみに私もどちらかというと物を床に散乱させてしまうタイプなので、100円ショップ等に売っているカゴや容器を設置しておいて、とりあえず何か置きたくなったらそのカゴに物を入れる癖をつけました。これでロボット掃除機も安心して動かせます。

 

カゴに突っ込んだ物は気が向いたときにでも片付ければOK!(雑)

 

タイマー機能の活用こそがロボット掃除機を導入する最大メリット

 

 

ロボット掃除機の導入は、あくまで「掃除の手間を省く」ことを目的としています。

タイマー機能を活用する事で自分が不在の時間に掃除をしてもらい、掃除の手間を省くという使い方ができます。

時間さえ設定しておけば勝手に掃除を始めてくれるので、「自分で掃除をする」という手間自体が省けるわけです。

 

このタイマー機能こそがロボット掃除機を導入する最大のメリットといっても過言ではありません。

最低限の機能しか備えていない【Eufy RoboVac11S】にもこの機能が備わっており、私が【Eufy RoboVac11S】をオススメする最大の理由です。

 

家から帰ってきたらある程度の掃除が終わっている、そんな環境が1万円ちょっとで手に入ると考えたら、正直買わないという選択肢は無い。

がら作業が可能になる

自宅で趣味や仕事に没頭しがちな方にもロボット掃除機をオススメしたい。

 

わざわざ掃除の為に時間を割くことが無くなるので、その分自分の為の時間を割り当てることができます。

「時間を金で買う」という考え方に近いですね。

コスト面で考えた時、18000円の【Eufy RoboVac11S】を1年間使ったとしましょう。

すると1日あたり約50円。

毎日掃除機がけする時間が1日約15分とすると、50円で15分を買っていると考えることができます。

1日15分の掃除機がけを1年間毎日やったとしても、5475分。91時間に相当します。

 

18000円ぽっちで91時間が浮くと考えると、これって結構大きくないですか?

 

その時間で自己投資なり趣味の時間を増やすこともできます。

1日15分と聞くと実感しづらいかもしれませんが、年間で考えると膨大な時間の節約になるというところもロボット掃除機導入のポイントとなります。

音はあまりうるさくなく、むしろ静かな部類

これはちょっとイメージしづらいかもしれません。

【Eufy RoboVac11S】のレビュー投稿で「ロボット掃除機は音がうるさい」という書き込みを見かけたことがありますので、いい機会なので触れておきます。

正直、ルンバ600シリーズとILIFEのV5sProの吸引音を知っている私からするとめちゃくちゃ静かです。

 

よく考えてみてください、掃除機の吸引音って元々うるさいものじゃないですか?

ロボット掃除機の吸引音も一緒なんですよ。むしろあれらに比べたら【Eufy RoboVac11S】の吸引音なんてめちゃくちゃ静かです。

音の大きさは電子レンジと同程度である約55dBと公表されており、実際に使っている私もそこまでうるさいと感じたことはありません。

 

実際に知人の家でルンバが稼働しているところを見せてもらったのですが、吸引音が思いのほか大きくて、人がいる時間帯に動かしたり防音性の低い賃貸で使用するのは少し厳しい面が見られました。

 

静音性の高いロボット掃除機を求めている、という方にも【Eufy RoboVac11S】はオススメできます。

ただ、静音性で言えばPanasonicの【RULO】も「本当に吸引してる?」って思うくらい静かです。

予算に余裕があれば検討してみても良いかもしれませんね!

水拭き機能が付いている機種は、正直いらない

水拭き機能も兼ね備えている機種もありますが、以下の理由がデメリットとなり、使い勝手が悪く感じるかもしれません。

 

<水拭き一体型の購入をおススメしない理由>
  • 水拭き機能を使用する為に、水の補給が必要
  • 水拭きした後のモップを洗う必要があり、時短した意味がない
  • 水拭き機能が付いていることで値段が跳ね上がる

 

個人的な意見としては、水拭きも自動化したいのであればブラーバのような水拭き特化のロボット掃除機を別途購入すべきです。

ブラーバを使用した感想についても記事を書いていますので、興味があれば読んでみてください。

 

乗り越えられる段差は約1cm

最近の家は段差が少ないように作られていることが多いのであまり心配は要らないと思うのですが、私の自宅は築30年超えの賃貸なので段差だらけです。

それでもロボット掃除機にある程度掃除を任せたかったので、段差の前後にスポンジのモールを設置してみました。

 

段差の前にワンクッション置くことで2cmほどの段差でも乗り越えられるようになったので、築年数がそれなりにある部屋でもロボット掃除機を運用したい!という方の参考になればと思います。

Ankerのサポートは抜群に良かった!

 

実は購入して16ヶ月ほどで【Eufy RoboVac11S】に不具合が発生しました。

Ankerには最大で24ヶ月の保証があり、保証期間内だったので不具合が発生した旨を申請して交換対応していただきました。

 

問い合わせページで不具合内容を記載して送信するだけでOKで、Ankerのホームページに掲載されいてる保証内容に該当している場合は保証を受けることができます。


≫ カスタマーサポートの保証内容ページ1

≫ カスタマーサポートの保証内容ページ2

 

購入した製品の各種情報と不具合の詳細を記載する必要がありますが、私は実際に不具合を見てもらった方が早いと思い、不具合が発生している様子を動画撮影してファイルを添付して送信しました。

 

すると翌日に担当者からメールが届き、不具合と認められて無償で対応していただけると申し出がありました。ヤッタネ!

そして問い合わせした3日後にAnkerから新品の「Eufy Robovac11s」が届きました。

 

修理するので製品をAnkerに送ってくださいね~みたいな面倒なやりとりが必要なのかと思っていたので、正直これにはびっくりしました。

 

「新品送るからこれ使ってな。その代わり、今後の品質向上の為に不具合品をAnkerに着払いで郵送してな!」

ってことなんでしょうかね。いずれにせよ、面倒な手間がかからないのは助かる話です。

郵送用の伝票も送付されてきたのでこちらで用意する必要もなく、新品で送られてきた商品の箱に不具合品を詰め込んで商品を返送するだけで対応完了です。

 

1年で製品に不具合が出てしまったこと自体に関しては考えものですが、サポートの対応が非常に良く、今後の品質向上に繋げようという企業努力が見られたのが非常に好感触でした。

修理ではなく新品を送ってくれるところはポイント高いですね~。

 

今後もAnkerの製品を愛用していきたいと思える一件でした。

まとめ

ロボット掃除機の導入をオススメしたい人
  • 自分の時間を少しでも増やしたい
  • 日々の掃除がめんどくさい
  • 掃除にかける時間がもったいないと感じている
  • ながら作業を頻繁にする人
ロボット掃除機を導入する必要のない人
  • 自分の掃除しか信用していない人
  • 地べたに物が散乱しがちでこまめに片付けられない人(これは対策次第)
  • 稼働音が耳障り・ストレスになってしまう人
  • 防音性の低い集合住宅に住んでいてトラブルを避けたい人

ロボット掃除機自体は非常に便利なのですが、環境や考え方によって必要な人とそうでない人がはっきり分かれる商品だと思います。

 

少しでも気になっている方は家電レンタルを利用してみるのも一つの手かもしれません。

ちなみに部屋に絨毯が無くてフローリングだけって方には床拭きロボットのブラーバという製品もオススメです。

こちらも良かったので是非参考にしてみてください。

 

それではまた次の記事でお会いしましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました