液タブ特有のキーボードどこ置く問題を解決!モニターアームで快適な作業環境を構築せよ!【AmazonBasic/エルゴトロンLX】



 

 

念願の液タブを手に入れたぞ!
でもキーボードを置く場所にも困る・・・

しかも視線が下に下がって首が痛いし姿勢も悪くなる・・・

 

実は液タブを導入した時、あいかわはこのような悩みを抱えていました。

液タブっていいことだけじゃないんですよね。

付属の液タブスタンドではキーボードを手前に置かざるを得ない

 

そこで思いついたのが、「モニターアームと液タブを組み合わせる」という方法です。
実際に試してみると、悪くなりがちな姿勢やうつむき気味で作業するという状態が改善され、キーボードの置き場所もしっかり確保できるという、まさにいいことづくめな方法だったことが判明しました。

 

私の場合はAmazonベーシックのモニターアームを購入してみたのですが、結果的に液タブと組み合わせたのは大正解でした。

 


Amazonベーシック モニターアーム シングル ディスプレイタイプ ブラック

 

 

今回は液タブとモニターアームを組み合わせて使うべき理由と、実際に使って感じたメリットやデメリットを解説したいと思います。

 

私と同じような悩みをお持ちの方は、是非参考にしてみてください!

そして液タブ使いの方は是非モニターアームを導入して、快適なお絵描きライフを手に入れましょう!

 

👇この記事でわかること

◆液タブとモニターアームって併用可能なの?
◆液タブを目線と同じ高さに設置する方法
◆モニターアームで液タブを支えた時の使い心地
◆お得に購入する方法は

 



液タブとモニターアームを併用することによるメリットとデメリット

 

実際に液タブとモニターアームを組み合わせた環境がこちら。

 

液タブの下にね、キーボード置けちゃうんですよ!

 

液タブって設置するとどうしてもキーボードを置く場所に困っちゃうんですよね。

これマジであるあるだと思うんですよ。

まずその問題を解決してくれたのが一番大きいですよね。

 

そしてもう一つ。

液タブの高さ調節が可能になる!

 

付属の液タブスタンドを利用すると、どうしても前傾姿勢かつ下を向いて作業することになるので体によろしくないぞと。

しかしモニターアームを利用すると高さや角度調節が自由自在!

楽な姿勢で作業できるのでかなり快適に作業できる環境が作れちゃうんでよね。

 

そして使わない時は奥にしまっておける。

もう何も言う事はない。モニターアーム導入して良かった・・・。

 

 

とはいえですよ、もちろんデメリットもあります。

液タブが割と揺れる。

 

液タブとモニターアームを併用しようと考えてる人、多分これが気になってる人多いんじゃないですかね。

筆圧が弱い人は問題ないと思うんですけど、筆圧強めだとまあまあ揺れるんですよね。

描く分にはそこまで問題ないかな?といった感じ。

どれだけ筆圧強くても、モニターが動いちゃうなんてことはないので安心してください。

神経質な方は揺れにちょっとイライラしちゃうかもしれない程度です。

 

やはりモニターアームで液タブを支えると宙ぶらりんになってしまい、完全な固定は難しいようです。

あまり筆圧をかけない人にとっては全然許容できる範囲内だと思いますので、モニターアームの導入をオススメしたいところですね。

 

AmazonBasicのモニターアームとエルゴトロンLXの違いはほぼ無いのでどっちを買ってもOK

 

今回あいかわが購入したモニターアームはAmazonベーシックのモニターアーム

Amazonベーシックのモニターアームエルゴトロン LXのOEM製品となり、品質的にはほぼ同じ。
つまり、基本的にはどちらを選んでもOKです。

 

とはいえ少なからず違いはあります。

 

  • エルゴトロンLXは10年保証。その代わり少し高い。
  • AmazonBasicのモニターアームは、エルゴトロンLXより少し安い。
  • エルゴトロンLXは「シルバー」「アルミニウム」「ホワイト」「マットブラック」の4色展開、AmazonBasicのモニターアームは「黒」のみ。

 

エルゴトロンLXは保証期間が10年もある!

エルゴトロンLXのモニターアームは保証期間が10年、一つ買っておけばほぼ買い替えの必要がありません。

 

AmazonBasicのモニターアームは保証期間1年のみ

対してAmazonベーシックのモニターアームは保証期間が1年となっていますが、 エルゴトロン LXよりも安くで購入できます。

価格差は1000~2000円程なので、保証期間や色選択が豊富な エルゴトロン LXを選んでも良いかもしれません。

 

私の場合は保証期間はそこまで気にしていなかったことと、たまたまAmazonのタイムセール期間だったことからAmazonベーシックのモニターアームを購入しました。

 

ちなみにAmazonベーシックのモニターアームはデスクマウント部分にロゴが入っているので、これが気に入らない方はエルゴトロンを選択したほうが良いかもしれません。

 

 

AmazonBasicのモニターアームを安く購入するなら定期的に開催されるセールを狙え!

Amazonbasicモニターアームの価格推移

Amazonベーシックのモニターアームをお得に購入するなら何と言ってもAmazonタイムセール!

直近1年での通常価格は12000円で落ち着いていますが、かなりの頻度でセール対象となっています。

セール時は10000円前後、一番安い時で8000円まで下がることがあるのでもはや通常価格で購入するのは勿体ないまであります。

 

 

ついでにエルゴトロン LXも見てみましょう。

エルゴトロンLXの価格推移

こちらは安くても12500円程度までしか下がりませんが、タイムセールの多さが魅力です。

1か月に何回セールするねん!って突っ込みたくなりますが、通常価格で購入するよりはタイムセールを狙った方がお得に購入可能ですね。

 

 

まとめ:多少の揺れが気にならなければモニターアームは導入しないと損!

 

液タブは確かに便利な道具ですが、キーボードの置き場所に困ったり姿勢が悪くなったりとデメリットも存在します。

そんな問題を解決してくれたモニターアームは、本当に導入して良かったアイテムの1つでした。

 

液タブの高さも自由に変えることができるので、自分が描きやすいと思う位置にセッティングしやすいのもオススメポイントです。

しかし、ペンを走らせると多少なりとも液タブが揺れてしまうので、揺れが気になる方にはストレスにもなってしまうかもしれませんので注意が必要です。

 

キーボードの置き場所や前傾姿勢に悩む方はモニターアームを使っての液タブ設置を検討してみてはいかがでしょうか!

 

それではまた次の記事でお会いしましょう~!

タイトルとURLをコピーしました