静音性抜群!1万円前後の職場で使えるキーボード!【ProgresTouch RETRO TKL 静音赤軸】



ARCHISSの【ProgresTouch RETRO TKL(静音赤軸)】、以前から気になっていたのですが、楽天のポイント還元率がバカ高い時についつい購入しちゃいました。
ちょうど職場用にキーボードを探していたのですが、めちゃくちゃニーズに合ってたキーボードでした。

使い心地・静音性の観点で非常に高得点だったので皆さんに紹介したいと思います。

外箱

 

<この記事は以下の方にオススメ!>

  • 事務所やオフィスでの使用を考えている
  • 家族が寝静まった後でもキーボードを多用する
  • シンプルなキーボードを探している
  • ゲームよりもタイピングや事務仕事がメイン



職場用(ビジネス用)として探す場合、条件が絞られる

<絶対条件>

  • 悪目立ちしない
  • 静音性が高い

<あれば良い>

  • 打鍵感が心地よい
  • コンパクト

当然ですが、ゲーミングキーボードは選択肢から外れます(笑)

実際に店舗で触れて候補になったのは👇の4つでした。

  • REALFORCE(東プレ)
  • HHKB(PFU)
  • Majestouch(FILCO)
  • ProgresTouch(ARCHISS)

1万円前後で購入できる選択肢は【Majestouch】【ProgresTouch】の2種になりますが、最終的に【ProgresTouch】のテンキーレスモデルを購入。

【REALFORCE】【HHKB】は2~3万円程の価格帯となる為、今回は選択肢から除外しました。

【ProgresTouch】の外観はシンプルでビジネス用途に持ってこい

外観

今回購入したのは【ProgresTouch RETRO TKL】という名称のテンキーレスモデルで、非常にコンパクトです。
今まで職場で使用していたキーボードはテンキーが邪魔でマウスが動かしづらかったため、テンキーが無いモデルは非常に助かります。
机上のスペースを有効活用したい人にもテンキーレスキーボードは欠かせませんね。

<外観の特徴>

  • テンキーレスでコンパクト、机上のスペースを確保しやすい
  • 余分な装飾が無くシンプルで落ち着きがある
  • 職場や事務所のようなビジネスの場で使いやすいデザイン
  • マットな色合いで高級感がある
  • ゲーミングキーボードのように光ったりする機能は一切ない

ちなみにこの【ProgresTouch】テンキー付きのフルキーボードのモデルや、更にキーを取っ払ってコンパクトにしたモデルもラインナップされています。

数字入力を多用する方ならフルキーボードを購入しても全く問題ありませんし、テンキーレスとテンキー付きのモデルのどちらを選択するかは個人の好みが強いですね。

静音赤軸(ピンク軸)の打鍵感や静音性は期待以上だった!

今回私が購入したモデルは「静音赤軸(ピンク軸)」と呼ばれる種類のスイッチが採用されています。

使い心地をまとめてみるとこんな感じになりました👇

  • キーボード入力時の音を例えると「スコスコスコスコ」といった感じ(伝われ)
  • クリック感が皆無で「これ本当にメカニカル?」と疑う
  • 少し強めに押すと「コトッ」といった感じの打鍵音で、本当に静か
  • キーを押す強さはあまり必要なく、少しの力で反応してくれる
  • 底打ち感はしっかりあり、文字を打つのが楽しくなる

非常に快適な打鍵感で、このキーボードで仕事ができると思うとモチベーションが上がりますね!

<軸ごとの特徴> ※アーキサイト公式HPより引用しています。

黒軸:押鍵する力がキーストロークに応じて直線的(リニア)に変化。

茶軸:軽いキータッチと、打鍵する際にスイッチが入った感覚(クリック感)がある。

青軸:軽いキータッチとクリック感、カチッという軽いクリック音が出る。

赤軸:黒軸と同様に、押鍵する力がキーストロークに応じて直線的(リニア)に変化する。黒軸より軽いキータッチが特徴。

静音赤軸:赤軸と同様の軽いキータッチが特徴で、底打ちの打鍵音を軽減する仕様。

スピードシルバー軸:キー入力の位置が浅く、高速入力が可能。赤軸と同様の軽いキータッチが特徴。

【ProgresTouch】の重量は1kg弱。安定感バツグン!

本体のみで960gの重さがあり、キーボードとしてはそこそこ重い部類に入るのではないでしょうか。
その分安定感は抜群で、ちょっとやそっとの事でキーボードの位置がズレたりしません。

職場で使用していた富士通のデフォキーボードは軽すぎて、何かあるたびに動くのが地味にストレスでした。この仕様はGood!

【ProgresTouch】のケーブルは脱着可能で利便性は高いが、無線モデルは無い

ケーブル脱着可

このようにケーブル脱着可能となっていますので、持ち運びの際にとても便利です。
断線してもケーブルを買いなおせばOK!

しかしながら、【ProgresTouch】の無線接続やBluetooth接続対応のモデルは今のところ販売されていません。

FILCOの【Majestouch】シリーズであれば無線接続やBluetooth接続が可能なモデルも販売されています。

≫ 無線接続可能な【Majestouch】を探す(Amazon)
≫ 無線接続可能な【Majestouch】を探す(楽天)

DIPスイッチでキーボードの配列変更が可能

本体背面に備わっている各種DIPスイッチを有効にすることで、以下のキー配置を入れ替えることができます。
お好みの使い方が可能となりますが、他のキーボードを使った時に戸惑いそうなので私は基本デフォルト配置で使用しています。

    • SW1を有効にした場合・・・「左Ctrlキー」と「CapsLockキー」が入れ替わる
    • SW2を有効にした場合・・・「Altキー」と「Windowsキー」が入れ替わる
    • SW3を有効にした場合・・・「Windowsキー」と「Fnキー」
    • SW4を有効にした場合・・・「Windowsキー」と「E/Jキー」が無効になる

まとめ:【ProgresTouch】は値段以上の満足感が味わえる!

2週間ほど職場で使ってみたのですが、「これ本当に1万円ちょっとでいいの?」という疑問すらあります。

ぶっちゃけると、自宅で使っているREALFORCEと比較してもいい勝負してくれます。

<【ProgresTouch RETRO静音赤軸】はこんな人におススメ!>

  • 事務所やオフィスでの使用を考えている
  • 家族が寝静まった後でもキーボードを多用する
  • シンプルで使いやすいキーボードを探している
  • ゲームよりもタイピングや事務仕事がメインでキーボードを使う

 

事務所やオフィスではキーボードは毎日使いますし、職場でずっと触れているモノと言っても過言ではありません。
長時間触れているからこそ、快適なモノであったり効率的に業務ができる道具を持っておきたいものですね。
きっとこれまで使っていたキーボードとは比較にならないくらい、文字入力が楽しくなるはずです。

それではまた次の記事でお会いしましょう!

タイトルとURLをコピーしました